スキンケアで定番のオイルといえば?どんな種類があるの?
美容オイルって言葉が出るほど
オイルを使ったスキンケアがブームになっています。

といっても
オイルを使ったスキンケアは昔からありますよね。


スキンケアを探していると、オイルの名前を幾つか聞くと思いますが
定番のオイルといえばどんな種類があるのでしょうか。


きになるな~、気になりますよね?!


ちょっとどんなオイルがあるか覗いてみましょう~♪



スポンサードリンク





スキンケア定番のオイルと役割

オリーブオイル

コスメに利用されたり、
食用のオリーブオイルを使ったスキンケア法もあるくらい
スキンケアに向いているオイルですね。

オリーブに含まれているオレイン酸に肌の保湿効果があるとされ
また、毛穴の汚れを落とすため、クレンジングとしても使われています。


オールマイティーなオイルですね^^


アルガンオイル

オリーブオイル同様、万能オイルとして知られているアルガンオイル。
モロッコの砂漠に生息するアルガンの木の実からできるオイルです。

オレイン酸やリノール酸の他ビタミンEが豊富で
ブースターやマッサージオイル、肌のシワやハリ向けのコスメに利用されます。


ホホバオイル

肌の角質層にも含まれているワックスエステルを多く含み、肌に馴染みやすい特徴から
美容液や保湿液、マッサージオイルなどに使われています。

また、余分な皮脂や雑菌を抑えることから
ニキビ予防やケアにも向いています。


マカダミアナッツオイル

お肌への浸透が高く、馴染みやすいオイルで、マッサージオイルとして使うと
肌がしっとりやわらかくなると人気。

また、肌を修復すると言われているパルミトレイン酸を多く含むので
エイジングケアとしても使いたいオイルです。


馬油

馬油は人間の肌と似たような構造をしているため
肌に馴染みやすく浸透しやすいと言われています。

ブースターや”フタ”代わりに
また、スキンケアだけでなくヘアケア商品など幅広く使われています。



スキンケア定番のオイルは、お肌にいいと言われている脂肪酸やビタミンを含み
栄養価の高いものが多いです。


自分が使ってるコスメにどんなオイルが使われているか
チェックすると楽しいかもしれません♪




スポンサードリンク

スポンサードリンク