オイル系のスキンケアとニキビ
大人になってもにきびができることありますよね。


オイル系のスキンケア使ったからかな?

ニキビができた時は使わないほうがいいのかな


そもそもニキビができるのはなぜ?


オイル系のスキンケアでニキビができることもあるのでしょうか。



スポンサードリンク




大人ニキビはなぜできる?

大人になってからできるにきびは
調べてみるといろいろな原因があることがわかります。


1.皮脂が過剰に出てしまう

皮脂は皮膚の乾燥を防ぐために必要ですが
過剰に分泌してしまうと、毛穴が塞がってニキビのもとになります。

思春期ニキビもこの皮脂の過剰が原因ということが多いですが
成人の場合
・ストレス
・脂肪や砂糖のとり過ぎ
・野菜不足
・睡眠不足

などが原因になります。

また、黄体ホルモンが分泌されると
皮脂分泌か活発になる傾向があります。


2.過角化が起こる

いわゆる角質が分厚くなり、毛穴を塞いでしまうことです。

過角化の原因は、肌のバリア機能が低下したり
ターンオーバーが乱れると起こると言われているので

紫外線を浴び過ぎたり
皮脂を適度に残さない洗顔をしたり
スキンケアで保湿が十分でない、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因と考えられます。


3.化粧品が毛穴を塞いでしまう

ファンデーションなど、化粧品が毛穴に潜り込んでしまうと
にきびができる原因になります。

また、拭き取るメイク落としやクレンジング剤が
顔の表面に残ったままだと、毛穴を塞いでしまいます。



こうしてみると、ニキビができる原因は
皮脂が盛んすぎてもできるし
逆に肌が乾燥してもできることがあるんですね。

大人ニキビは複雑だなぁ(;・∀・)


なので、オイル系のスキンケアも肌の状態によっては使ったほうがいい場合もありますし
逆に使うときは気をつけたほうがいいですね。

オイルクレンジングは洗顔後も皮膚の表面に残りやすく
それが毛穴を塞いでしまう原因にもなるので
ダブル洗顔をするなど、正しく使うことがポイントですね~。




スポンサードリンク

スポンサードリンク