美肌づくりの第一歩は馬油から!顔の効果的な使い方は?
馬油は、その名の通り馬の油のこと。


もう少し詳しく言うと、馬の皮下脂肪が原料で
人間の皮膚組織と似ているので、肌に馴染みやすく
肌荒れや火傷、スキンケアと、幅広く使われています。


私も馬油をスキンケアとして使い始めて随分経ちますが
ひとつあると何かと便利なんですよね~。

塗った当初はべたつくのですが
しばらくするとお肌が何もなかったようにさらっとします。


使い始めて(馬油のせいで)一度もポツポツができたり
トラブルが起きたこと無いし、安心して使えること

伸びがよく、これ一つで顔以外にも色々使えるので
ちょっと潤いがほしいな、というときは便利ですよ~。


って、馬油について語りだしたら止まらなくなりそうなので
このくらいにしておきますね^^;


今回は馬油を使ったスキンケアについて調べてみました!


スポンサードリンク



1.乳液代わりに

乳液代わりとして化粧水の後に使います。
乳液がベタついて苦手、というのなら試してみてください。

【使い方】
化粧水をつけたあと、適量を手に取り顔に塗ります。
これで乾燥が気になったら、化粧水の前にも馬油を塗ってみます。


2.ブースターとして使う

馬油は、化粧水や美容液の浸透をサポートするといわれ
ブースター代わりとして使っている人もたくさんいます
(私もその一人ですが 笑)

【使い方】
洗顔後に使います。
適量を手に取り、手のひらで温めてから顔に伸ばしていきます。


3.洗顔後のつっぱり防止に

洗顔料を使った後
肌がつっぱってガサガサするのが気になるなら一度試してみてほしい使い方です。

【使い方】
馬油を適量取り、顔を軽くマッサージします。
5分ほど置いて馬油を拭き取り、洗顔料で洗顔します。


4.パック

マッサージがてらすると
血行もよくなってくすみ抜けも期待できそうですね^^

【使い方】
洗顔後、馬油をたっぷり顔に塗り10分ほどおいて洗い流します。
お風呂に入りながらすると簡単にできますよ♪


5.クレンジング

クレンジングもできるとは!
これは知らなかった。馬油って万能ですね~。

【使い方】
馬油をさくらんぼ大くらいの大きさに取って、手のひらで温めます。
その後肌にのせてなじませ、5分ほど置きます。
取るときは軽くティッシュオフし、普通に洗顔します。



ちょっと調べただけでも色々な使い方が見つかりました。

今回はスキンケアだけでしたが
リップケアやヘアケア、ネイルケアなど
幅広く使えるので、是非自分のお気にいりの方法見つけて試してみてくださいね♪




スポンサードリンク

スポンサードリンク