オメガ3がたくさん含まれているとして知られている油には、αオレイン酸が多く含まれています。

αリノレン酸には美容や健康にいい効果がいろいろあると言われているからオメガ3系の油は体にいい、と言っても過言ではないですよね。


ということで、このαリノレン酸についてその効果をまとめてみたくなったんです。


どんな効果があるのかな~。


すっごくわくわく((o(´∀`)o))ワクワク



スポンサードリンク



αリノレン酸て何?

αリノレン酸とは不飽和脂肪酸のひとつで、その構造からオメガ3系の脂肪酸に分類されます。


αリノレン酸は、体内に入るとDHAやEPAといった脂肪酸に変換され、脳や体の働きに影響を与えます。


と、大事な働きをするαリノレン酸ですが、人間の体内では作ることができず、摂取して補う必要があります。
αリノレン酸は、亜麻仁油やえごま油の原料になる亜麻の種やエゴマに多く含まれている他
くるみやチアシードからも摂取することができます。


αリノレン酸の摂取量は?

1日およそ2gが必要な摂取量と言われています。

食材や油から摂取する場合、αリノレン酸含有量が100%を除いて、どのくらいの割合で入っているかから摂取量を割り出します。



αリノレン酸の効果

心血管疾患リスク軽減

αリノレン酸には、血液を改善し、サラサラにする効果があると言われています。

それにより
・動脈硬化予防
・心筋梗塞予防
・脳の活性化
・高血圧予防

といったことが期待されます。


うつ病の抑制

ハーバード大学で行われた調査によると、リノール酸を減らしαリノレン酸を豊富に摂取していた女性は、うつ病の発症が低くなる傾向にあるということがわかりました(参照)。

この場合、DHAやEPAではなくαリノレン酸だから、というのがポイントですよね。


老化促進を予防

αリノレン酸には細胞を守るバリア的な役割があって、細胞がダメージを受けるのを軽減させます。

皮膚のしわや、肌のたるみの促進も予防できます。


アレルギー予防・症状改善

αリノレン酸は、リノール酸の炎症作用を抑える働きがあります。


免疫力アップ

αリノレン酸は血中のコレステロール値を下げたり、リノール酸の働きを抑えたりするといった働きがあるといいましたが、アレルギー性疾患やその他の病気、がんなどを予防する効果が期待されるため、免疫力を高めることにつながります。


育毛効果

血行促進したり、細胞を守ったりするというαリノレン酸の働きは、髪の毛や頭皮を健やかにするという意味でも育毛に利用したいですね。



これだけの働きに関係しているαリノレン酸。

体内で作られないのは残念ですが、積極的に摂っていきたいですよね。


ただ、摂りすぎると体調を崩したり逆効果になってしまうので、1日の摂取量は守りましょう。


また、血行を促進するという働きは、持病を持つ人にとってはマイナスになることもあるので、心配なときは必ず担当医と相談するようにしましょう。




スポンサードリンク

スポンサードリンク