必須脂肪酸は3つだけ!不足するとどんな症状が出るの?
いろいろある脂肪酸の中には、必須脂肪酸と言って
体内で合成することのできない脂肪酸があります。


必須脂肪酸は、体の成長や健康維持に不可欠ですし
食べ物などから摂らないといけませんよね。


大事な脂肪酸、でもどれが必須脂肪酸なの?!


必須脂肪酸は3つありますので
これからまず先に覚える必要がありますね^^;



スポンサードリンク





3つの必須脂肪酸と働き

リノール酸

多価不飽和脂肪酸のうちオメガ6系の脂肪酸。
大豆油やサンフラワーオイル、ごま油などに多く含まれ

・動脈硬化の予防
・血液中のコレステロールを低下させる
といった働きをします。

ただし、摂取し過ぎると
高血圧や動脈硬化、アレルギーといった症状を引き起こすと言われています。


アラキドン酸

多価不飽和脂肪酸のうちオメガ6系の脂肪酸。
卵黄やレバー、伊勢海老といった食べ物に多く含まれ

・血圧を調整
・免疫系を調節

しますが、過剰に摂り過ぎると
アレルギーや湿疹、動脈硬化の原因になります。


α-リノレン酸

多価不飽和脂肪酸のうちオメガ3系の脂肪酸。
亜麻仁油、えごま油、しそなどに多く含まれ

・アレルギーの予防
・高血圧の予防
・がんの予防
・心疾患の予防

といった働きをします。


上の必須脂肪酸は、「栄養の基本がわかる図解事典」を参考にしましたが
広義では、オメガ6系とオメガ3系を必須脂肪酸としたり

DHAはα-リノレン酸が体内に入って合成されるため
必須脂肪酸に分類される場合もあります。


いずれにしても、オメガ3系は食べ物から摂取することが望ましいので
大事な脂肪酸と覚えておくといいでしょう。


リノール酸は必須脂肪酸ですが、お菓子やマーガリン、加工食品に多く含まれていて
日本人はリノール酸の摂取量が多いと言われているので
無理に何か加えて摂る必要はなさそうです。

どちらかというと、とり過ぎないように気をつける、かな(;・∀・)



必須脂肪酸が不足したらどうなる?

必須脂肪酸は、細胞膜が持つリン脂質を構成している成分の一つ。

不足するとアレルギーや皮膚異常が見られたり、感染症を引き起こしやすくなります。

また、必須脂肪酸は、血中脂質の運搬に関わっている
リボタンパク質を構成する成分の一つでもあり、不足すると
血中にコレステロールが増えたり、脂質異常症、動脈硬化
高血圧などが起こりやすくなります。


DHAは中性脂肪を減らしたり、血圧を調節したり、心疾患の予防
うつやアルツハイマー病の予防するはたらきがあると言われていているので
もとになる必須脂肪酸、α-リノレン酸の摂取が十分でなければ
こうした病気や生活習慣病を予防する力が弱くなりますね。







スポンサードリンク

スポンサードリンク