簡単な油の摂り方~オイルをおにぎりに混ぜてみよう~
健康にいい油は、1日少量摂るといいと言われますが
油をおにぎりに使った「油おにぎり」「オイルおにぎり」を
楽しんでいる人がけっこうたくさんいるんですね。

油おにぎりは、その名の通り
油を使ってにぎったおにぎり。

オイルおにぎりとも呼ばれているようですが
好きな方で呼んで問題なさそうです^^


どんなオイル使うの?
おいしいの?


など、どどーっと疑問が押し寄せてきたので
油おにぎりについて、気になってること調べてみることにしました。


スポンサードリンク




どんな油を使うの?

油おにぎりで使う油は、なんでもいいそうです。

家にあるようなサラダ油
残りやすいラー油
風味付けにつかってるごま油など。

ヘルシーオイルとして話題の
アボガドオイルやえごま油、亜麻仁油

それからパスタや洋風料理のメニューによく使われる
オリーブ油も。


ここまでくると
なんでもいいからとりあえず使って試しとけってかんじですね(笑)


といっても、使う油によって味や香り、食感なども変わってくるので
無難なところでいけばごま油が失敗しないでしょう。


どれくらいの量を使うの?

油おにぎりは、ご飯に油を混ぜて握っていきますが
使う油の目安としては
ご飯茶碗1杯分のご飯に対し、油は小さじ1ほど。


どんな具を使ったらいい?

和風の具ならごま油
洋風の具ならオリーブ油
というふうに、使う油によって
相性の合う具が変わってきます。


といっても迷う><

というのなら、塩味が効いている食材を選ぶといいかも。

冷蔵庫を開けてみて、漬物やハム、ベーコン
焼豚、佃煮など引っ張り出して使ってみよう。


おこわなど、炊き込みご飯を使った油おにぎりは
具のことを考えなくていいし、失敗しにくい美味しいオイルおにぎりができそう~。


油おにぎりのメリットは?

油おにぎりは、油を気軽に摂りたいときのメニューにピッタリ。

亜麻仁油やえごま油など、オメガ3を豊富に含むオイルは熱に弱いので
加熱することなく油を摂れるというメリットもあります。


油おにぎりは時間がたっても美味しいので
お弁当やパーティーにも重宝しそうです。



いかがですか?

おにぎりは具を変えたりすれば飽きずに食べていけるので
油おにぎりはいいアイデアだな~と思います。


私も早速幾つか油を使って
自分の好みの油おにぎり、見つけてみようと思います(・∀・)♪




スポンサードリンク

スポンサードリンク