オイルはどうやって摂取するのがベスト?食用油、それとも食品から?
油というと、炒め物などに使う食用油から摂取するイメージがありますが
食品にも油って含まれているんですよね。


同じ油ですが
たとえばオメガ3を含むと一口に言っても
エゴマ油や亜麻仁油というふうに、食用油から摂取できますし
DHAやEPAは青魚に豊富に含まれていますよね。


まあ、どっちからでもいい、ということかもしれませんが
何か引っかかるので^^;

調べてみることにしました。


スポンサードリンク



食用油の種類

食用油と一口に言っても、素材の違いが有るのはわかりますよね。


でも、植物油には、精製方法によって
「半精製油」「精製油」「サラダ油」
という風に分類できるんです。

○1.サラダ油
菜種、大豆、ごま、ひまわりの種、とうもろこし、綿実、米といった種子を使って精製された油。
加えて、低温でも一定時間固まったり濁ったりしないこともサラダ油の条件になっています。

○2.精製油
食用として利用しやすくするために、油に含まれている臭いや色、酸を取り除いて精製された油のこと。
「天ぷら油」「白絞油」などがあります。

○3.半精製油
原料の素材を活かすため、ほとんど手を加えられていない油のこと。
「オリーブ油」「ごま油」「菜種油」などがあります。


注意したいのはサラダ油と精製油

サラダ油と精製油に気をつける必要があるのは
どちらも精製過程で、化学的な処理がされているからです。


○サラダ油や精製油が危険と言われている理由
1.「ヘキサン」や「ヘプタン」といった溶剤で原料から油を抽出する
※「圧搾一番搾り」の場合はこれらの物質を使わない
2.何度も高温処理をするため栄養成分がなくなってしまう
3.トランス脂肪酸を発生させる
4.漂白のため珪藻土が添加される


使いやすい油って、なるほど、こうやって手が加えられているってことですね…


食用油は酸化しやすい

そうなると、精製油よりも半精製油のほうが安全な気もしますが
半精製油の欠点は酸化しやすいこと。

特にオメガ3を豊富に含むえごま油や亜麻仁油は、酸化が早いので
できるだけ早く使い切ることが言われていますよね。

いくらいい原料からできた油といっても
酸化したものを摂り続けていたら本末転倒ですので
ここは気をつけないといけないですね。



油は食品で摂ることを優先

その点食物には、自然に含まれている栄養をそのまま食べることが出来ますし
食品に含まれる脂肪酸は酸化しにくいという特徴があります。


魚類、肉類の他にも、卵、アボガド、豆類、牛乳には
オメガ3、オメガ9、飽和脂肪酸など、意外と油がたくさん含まれています。


食用油で油を摂るというよりも
こうした食品を食べたほうが、新鮮な油を摂取できますね。


体にいいと言われる油も
まあ補助的な感じで摂るといいかもしれません♪




スポンサードリンク

スポンサードリンク