シャツに付いた油のシミが取れない、そういうときにはマーガリン!
しみ抜きはあまり得意な方じゃありませんが
しみをつけるのはかなり得意だと思います( ;∀;)


シミにもいろんな種類がありますが
油のシミってなかなか落ちませんよね。


お気に入りのシャツについて
何度も何度も洗ったけど
やっぱり残ってる油のシミ。


でも実は、この油のシミって
マーガリンを使うことによってあっという間に落ちてしまうんですよ!


クリーニングに出そうかな…とあきらめる前に
挑戦してみるといいかもしれませんよ。


スポンサードリンク



マーガリンを使った油のしみ抜き方法

【用意するもの】
1.マーガリン
2.ティッシュペーパー
3.ドライヤー
4.マーガリンを伸ばすときのスプーン
5.台所用洗剤

【しみ抜き方法】
1.シミの部分にマーガリンを薄く塗る。
2.四つ折りにしたティッシュペーパーを、マーガリンを塗った裏側に敷く。
3.ドライヤーでマーガリンを溶かす。
4.マーガリンが溶けたら、台所洗剤をつけてもみ洗いする。


えっ、これだけ?!Σ(゚Д゚)


特別用意するものもなく
家にあるものでできるというのがいいですよね~。

しかも簡単。


マーガリンを使ったしみ抜き方法の動画見つけたので参考にどうぞ。
↓↓



なぜマーガリンがしみ抜きに効果を発揮するのかというと
油汚れに油を使うと、繊維に染み付いていた汚れが浮かび上がるのだとか。


へえ~、これはわからなかった
油にはそういう働きがあるんですね!

マニキュアを落とすにはマニキュアを塗って落とす
と一緒なのかな、よくわからないけど(^_^;)


油でOKなら、他の油でもいいのかな、なんて思うのですが
他の油を使って油のシミを抜いた、という情報は見つからなかったので
使うならマーガリン、ということにしておきましょう~(笑)



トランス脂肪酸が注目され始めて
何かと悪者になりやすかったマーガリンですが
こんな使い方もあるんですね♪

いざという時のために、冷蔵庫に常備しておいてもいいかもしれません^^




スポンサードリンク

スポンサードリンク