コレステロールは脂質の一種で
人間の細胞膜を構成する成分です。


コレステロールというと
個人的にあまりいい響き持ってないけどどうですか?


コレステロールには、悪玉と善玉があるというのはわかってるけど
「コレステロール値が高い」というと、ドキッとしてしまいます。


コレステロールが私達の体にどんな働きをするのか
不足したり過剰になったりするとどうなるのか

などについて、調べてみることにしますね。


スポンサードリンク




コレステロールって体のいろんなところにあるんだね

コレステロールは、細胞膜の構成成分だけじゃなくて
ホルモンや胆汁、ビタミンD前駆体の原料にもなります。

また、コレステロールは体内で合成するため
コレステロールを作る肝臓や膵臓、脳などにも多く見られるんですね。


体内で合成されたコレステロールは
リボタンパク質を媒体として血液に運ばれるので
血液中にも存在します。


コレステロールが血液中にあるのはよく知られていますよね。


4種類の血液中のコレステロール

血液中に含まれるコレステロールは
・カイロミクロン
・VLDL
・LDL
・HDL

の4種類に大きくわけられます。

中でも注目したいのがLDLとHDL。
いわゆる善玉/悪玉コレステロールと呼ばれているのはこれですよね。

LDLが悪玉で、HDLが善玉です。



コレステロールが過剰/不足になるとどうなるの?

LDLはコレステロールを肝臓から末梢組織へ運ぶ働きをしています。

ですが、過剰に摂取して血液中に増えると
血管壁に入り込み酸化します。

この酸化型LDLがたまると、動脈硬化が進行し
心筋梗塞など心疾患が起こるリスクが高まります。


逆に、HDLが不足すると、細胞膜や血管が弱くなり
免疫力低下やがんを発症する率が高くなります。

また、脳出血するリスクが高くなるとも言われています。



コレステロールと上手に付き合うには?

コレステロールについては、まだ知られていない部分も多く
摂り過ぎには気をつけたほうがいいものの、具体的な摂取量などは設定されていません。


コレステロールは体内で合成されるので
食べ物の中に含まれているコレステロール値は
あまり影響がないと言われているんです。


たとえコレステロール値が低い/高いものを食べても」
脂肪や炭水化物が体内でコレステロール合成を促進します。


なので、脂肪や炭水化物のとり過ぎに気をつけたり
運動をするほうが、コレステロール摂取過剰を防ぐことができそうです。




スポンサードリンク

スポンサードリンク