植物性脂肪は正義の味方で、動物性脂肪は悪者?
食品には、植物性脂肪のものと
動物性脂肪のものとがありますが
いい油として脚光を浴びているのは植物性脂肪のものが多いですよね。


反対に、動物性脂肪のものは
今も昔もコレステロール値を増やす、中性脂肪を増やす
といわれていて、いいイメージはないですよね(;・∀・)


体に良い油は、断然植物性脂肪なのでしょうか。

動物性脂肪はやっぱり摂らないに越したことはない?


動物性脂肪系の食品で好きなものもあるので、気になるんですよね~。


やっぱり動物性脂肪はNG!
だったらどうしようかなってドキドキするのですが
調べてみたくなりました。


スポンサードリンク




植物性油だからといって油断は禁物

植物性脂肪の油といっても、いろいろと種類があります。

植物性の油が体にいいと言われるのは
オメガ3やオメガ9といった、不飽和脂肪酸を含んでいるからですが
食品や油によって含まれている脂肪酸は違ってきます。

積極的に摂取したいのがオメガ3を含む油で
注意したいのがオメガ6を含むもの。

オメガ6は、コレステロールを低下させたり血圧を調整するなど
体内で大事な働きをしますが、摂り過ぎると
動脈硬化や皮膚炎症を起こすもとになるんだとか。


オメガ6は、動物性食品よりも
サラダ油など植物性のものに多く含まれているんですね。

しかも、スナック菓子や加工品にもよく使われているので
自然に摂取していることが多いんですよ。

だから、オメガ6は摂取するときに気をつける必要があるし
植物性油だからいい、ということではないですね。


リノール酸に注意

オメガ6の中でもリノール酸は、必須脂肪酸のひとつなので
食べ物から摂取する必要があるのですが
普通に食事をしていれば不足することはありません。

心配なのはリノール酸の過剰摂取。

過剰に摂ると、生活習慣病やアレルギーの一因になり
酸化すると大腸がんなどの病気を引き起こす可能性が指摘されているんです!


リノール酸を多く含む油は
サラダ油
べに花油(サフラワー油)
ごま油
大豆油
コーン油
など。

摂取するときは十分気をつけたいですね。



動物性脂肪はどうなの?

動物性脂肪は、バターやラードに多く含まれていますが
血管を強化したり、エネルギー源になるなど大事な役割をしています。


ただ、植物性油と同じように
過剰摂取すると肥満や動脈硬化、高血圧といった病気を引き起こすと言われていますし
動物性脂肪の中でもパーム油は、発がん性が指摘されていますし
お菓子や加工食品に広く使われているので注意が必要。


なので
植物性だから動物性よりもヘルシー、というわけでもなく
植物性にしても動物性にしても過剰摂取は健康のリスクを伴います。


油を摂るときは、単に植物性・動物性で決めないで
もう少し細かくして選ぶ必要がありそうですね。


う~ん、もう少し詳しく調べてみないとだな。




スポンサードリンク

スポンサードリンク