食用油がちょっとしたブームになっていて、今は「体にいい油」というものが種類豊富に出回っていて、選ぶ楽しみも出てきてますよね♪


でも、毎日使う定番の油を選ぶ時、どれにしたらいいか迷いませんか?


私も今まで定番として使っていたサラダ油をやめて、体にいい油を使うようにしていきたいのですが、そんなときは「これ!」という油を見つけたいですよね。


定番となっている「体に良い油」を3つ厳選、主な特徴をわかりやすくまとめてみました♪


スポンサードリンク



1.オメガ3を豊富に含む油

今のところ、この「オメガ3」を豊富に含む以上にヘルシーと言われている油はない、というくらい、体にいい油として定着しています。


オメガ3と言われてもピンとこない場合は、DHAやEPAというと、「ああ~、ヘルシーな油!」とわかりやすいですね^^



オメガ3は不飽和脂肪酸の一つで、脳を活性化したり、中性脂肪を減らしたり、生活習慣病を予防する効果が期待されています。

オメガ3については記事にしたことがあるので、詳しく知りたいならそちらを参考にしてくださいね。


オメガ3脂肪酸とは?どんな食べ物に含まれてるの? | 体にいい油・肌が喜ぶオイルオメガ3脂肪酸とは?どんな食べ物に含まれてるの? | 体にいい油・肌が喜ぶオイル



オメガ3を豊富に含む油には

・えごま油
・亜麻仁油
・サチャインチオイル

などがあります。

オメガ3は、熱に弱く、長時間加熱には向いていません。
酸化しやすいのも特徴で、オイル瓶はあけたら冷蔵して早めに使い切るようにしましょう~、と、商品の注意書きにもよく嗅いてあります。


サラダにかけたり、スープの仕上げにかけたり、そのまま飲んだりするのが一般的です。

DHAやEPA、αリノレン酸を定期的に摂取したい、という人向け。



2.オメガ9を豊富に含む油

オメガ9は、オレイン酸やエルカ酸に代表される不飽和脂肪酸。

血液中のコレステロール値を下げたり、胃酸の分泌を整えるといった働きがあります。


オメガ3とは逆に酸化や熱に強いため、炒め物など使い勝手がいいので、定番オイルとして活躍してくれそうです♪



オメガ9を豊富に含む主な油は
・オリーブオイル
・菜種油
・ごま油
・米油
・アボガド油

です。


使い勝手がよく、調理するときの油が欲しいという人向け。


3.ココナッツオイル

ココナッツオイルもヘルシーな油としてよく知られていますね。

普通、固まっている油はあまり摂りすぎないほうがいい、と言われていますが、ココナッツオイルの脂肪酸は、体に蓄積されにくいと言われている中鎖脂肪酸を多く含んでいます。

また、ココナッツオイルはアルツハイマー病の予防にもいいということですが、栄養不足状態に陥っている脳に栄養を補給するのが、中鎖脂肪酸の役割ではないか、ということからきているようですよ。

アルツハイマー病と中鎖脂肪酸の関係については、こちらのサイトを参考に。


中鎖脂肪酸サロン - 脳の栄養不足を助ける中鎖脂肪酸中鎖脂肪酸サロン – 脳の栄養不足を助ける中鎖脂肪酸



ココナッツオイルの中には、香りがするものもありますし、香りを楽しむ料理に使ったり、バターやマーガリンの代わりに、コーヒーに溶かして飲んだりと、使い勝手がいいです。


料理以外にもスキンケアとして活躍してくれそうですよね~。


私はココナッツオイルを使って、カレーを作ったりホットケーキ焼いたりしていますが、あの香りにとても癒やされますね~(*´ω`*)


・ダイエット中で油の摂取が気になる
・固形の油がお気に入り
・料理以外にも美容やオーラルケアなどに使いたい


という人向きのオイルです。




いかがですか?

ベスト3に選んだ体にいい油は、それぞれ特徴を持っているので、3つ全部常備しておくのもいいですし、使う頻度が高そうなものだけとりあえず、というのもありだと思います。



毎日使う油ですから、体にいいものがいいですよね、やっぱり!


あなたの好みのオイルはどれですか?




スポンサードリンク

スポンサードリンク